RSS | ATOM | SEARCH
赤ちゃんの笑顔
コアラ白
コアラの赤ちゃんスヤスヤzzzz…… 何の夢をみてるかな?



赤ちゃんの笑顔

いらっしゃいませ。
今日もご来店ありがとうございます。

生まれたときの赤ちゃんは、赤くてシワシワで、
顔をくしゃくしゃにして、
とても愛くるしいとは言えませんね。
(お母さんに叱られてしまいますが…)

でも、2〜3日たつと、少しふっくらして、動きもぎこちなく、
そのぎこち無さが、とても愛らしく思えるから不思議です。

半年もすると可愛くて可愛くて…となってしまいます。


1歳〜3歳くらいまでが一番可愛い盛りでしょうか。
ある文献には、子供は3歳までに、親孝行を
済ませているとあります。

笑顔の可愛らしさで、充分に親孝行を果たしている
そうです。


赤ちゃんの笑顔は、「天使の笑顔」と言われています。
なぜなんでしょう。

顔の口のまわりには、表情筋があります。
赤ちゃんには筋肉がありませんから、
初めはぐにゃぐにゃしています。

つまり、顔にも筋肉があまりついていないと
いうわけですね。

ですから、笑い顔がとても素直なのです。

それが、大人になるにつけて顔にも筋肉がついて、
固くなってゆきます。

大人が無表情に見えるのは、口のまわりの
筋肉が硬くなってしまうからというわけですね。

外国などのホテルで、エレベーターに外国の方と
乗りあわせた時など、ニコっと笑顔で会釈されると、
「あ〜っ、なんて素敵な笑顔なんだろう」と思います。

アジアの人々(日本も含めて)は、笑顔に乏しい人種だと
言われているそうです。

私も、自分ではにっこり笑っていると思うのですが、
写真などを見ると、どうも違うらしいことに気付きます。

自分が思っている笑顔よりも、もっと表情豊かにして
やっと、笑顔に見られるのでしょう。


最近の若い人は、写メやプリクラなどの写真を見ると
実に素晴らしい笑顔で映っています。

それを見ていると、どうやら表情筋の問題だけでは
なさそうに思えるのです。

つまり、「表現が豊かになる」、「動作が大きくなる」、
「タレント性がある」、など感性の豊かさに関係している
ような感じです。

私たちの仕事は、接客サービスです。
素晴らしい笑顔ができるように訓練や教育を
していますが、心を豊かにして、接客を楽しめれば
自然と笑顔になれるのでしょう。

できれば、コアラの赤ちゃんのように「ほほ笑み」が
素敵であれば最高です。
 
author:清衛門, category:心のたより, 11:50
-, -, -